読むだけで強く優しくなる綴

menu

一日一菓

喜び、嬉しさ

共有したいもの。それは喜びです。
目標があるとき、そしてそれが達成された時や取りたかった資格に合格したとき、できなかったことが克服できた時なども、
それは心から嬉しく、喜びで溢れることですね。これらのように自分に嬉しいことがあったときもそうですし、自分の大切な人が一歩成長した時も心底嬉しくて、自分の成長相手の成長、ともに嬉しくなる。こんなように一緒に喜べる嬉しさったら他にないです。
子どもがいるとすれば、その成長はこのうえなく嬉しい。努力を重ねその結果できたことはその過程を見ている分ひとしおなはず。子どもでなくともじぶんが何かしらサポートしている人が、惜しみなく工夫と努力を積み重ねた末にでた結果や成長の様子は嬉しさがこみ上げるでしょう。
住む世界も分野もたとえ違っていても、その努力は心うたれます。努力は必ず結果としてあることを、ありがたいことに見させていただいた。大人になってからの努力そして結果になることは心にぐっときます。わたしはフィギュアスケートの大会を観戦するのがとても好きなのですが、どれだけ練習を重ねて、この本番であの華麗な舞をするのだろうと思うと心から応援したくなるのです。
さて、喜ぶことにある5つのことをあげますね
1・自分自身が成し遂げた喜び 2・誰かに貢献できた喜び 3・誰かが成長するのを目の当たりにできた喜び 4・ライバルの成長の喜び 5・応援している人が成長をしていく嬉しさ
お分かりでしょうか、喜びの場にはいつも成長があるのです。あなたが成すことを心から喜んでくれる存在は必ずあります。ときに厳しいその人も、あなたの成長を心底望んでいるのですよね。
成長を基軸とする場にはいつも嬉しさで満ちていて、優しい愛でたくさんになっているはず。だからやはり、成長したいとのその思いは続きます。これからも、共に喜ぶことができるその嬉しさを分かち合いたいから。応援してくれる、その心から嬉しい気持ちを結果にしてみて欲しいから。
あなたのそばで、応援してくれている存在に気づくことができると勇気も湧きますね。一緒に成長しましょう

一日一菓

真っ白なこれは、蒸したおまんじゅう。
粒あんのもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。