読むだけで強く優しくなる綴

menu

一日一菓

続ける先にみえること

私はこれを続けています。そう言える何かはありますか?

自信満々に言える何か、または自慢できるほどではないけれどと遠慮がちにでも、何か思い浮かぶのではないかと思います。

今の自分というのは、図らずもこれまでやってきたことでできています。そしてやらなかったことでもできています。

やってこなかったことを悔やむことはなく、なぜならこれから何かを始めるのに今がきっとちょうどいいタイミングだからです。

これまでやってきたことは、きっとあなたの好きなこと。それはきっとあなたの助けにもなることです。なぜならやりたいと思ってやってきたからです。

今、やりたいと意欲に満ちて始めた何かがあるときに、もちろん直ぐには身につかないことが多いし陽の目を見るのは先になるかもしれない。辞めてしまおうかと思う時に、なぜやりたいと思ったのかふと思い出せるといいですね。

ずっと続けていくと、やがて習慣になる。その感覚は素晴らしいものです。今はまだ芽がでなくてもいつか続けてきたことが活きることになることを望み、さらに続けていきましょう。

私はその世界がみたい。私ができることで人の役に立てることをずっと続けていきたいです。
一日一菓

忘れ霜   ういろう

あたたかくなり雪解けもこんなに進んでも、冷え込む日には少しだけ冬に逆戻り。忘れないでと言うかのような、それでも季節は春に向かいめぐりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。